出金伝票と電卓

経過勘定科目の消込作業を経理代行サービス会社に委託しよう!

パソコン

会計処理を行う上で、費用計上する勘定科目にダイレクトで計上できないケースは少なくはありません。仮払金や前払金もしくは前払費用、そして未払費用などの経過勘定を用いることになります。しかし、これらの経過勘定科目を用いている場合、経理部門では正しく費用処理が行われているか消込作業を行う必要があります。そんな手間のかかる消込作業を経理代行サービスに委託しませんか?
経理代行サービスでは、委託したい業務を実行してくれます。経理経験のあるスタンドが経過勘定科目の消込作業を行い、費用計上漏れや経過勘定科目の振替忘れを未然に防ぐことが可能です。会計システムからデータ出力もしくはプリントアウトした元帳から消込を行ってくれます。
また、決算業務を行う際の消込作業もスタッフを派遣し、現地対応を行ってくれます。これまで決算締めの期日に追われ、費用計上漏れを完全に防ぐことができなかった問題が経理代行サービスを導入することで解決することも可能になります。単一の経過勘定科目だけでなく、複数の経過勘定科目をチェックするため、経理部門においてはその他の確認業務に専念することが可能です。
そのほかにも、年度決算の際に前年度の費用なのか次年度の費用なのかもスタッフがリストアップを行い、経理担当に確認を行うため、対象部門に速やかに確認が可能となり、決算を停滞させることがなくなります。

イチオシ記事

パソコンと電卓

自営業者や中小企業経営者に人気の経理代行サービス

独立開業して新たにビジネスを始めるときには、個人事業主や小規模な企業の経営者としてスタートするのが一般的です。またビジネスを軌道に乗せ…

詳しくはこちら

ニュース

Top